バイヤグラ低価格通販

バイヤグラの効果、飲み方、ジェネリック、通販で購入する方法、EDの症状や原因をご紹介します!

バイヤグラとは

バイヤグラとは

バイヤグラは、EDと呼ばれる勃起不全の治療に使われる薬です。アメリカのファイザー製薬会社が開発し、世界初のED治療薬として有名です。しかしもともとはED治療薬としてではなく、狭心症の治療薬として開発が進められていました。その開発段階の途中で勃起にも効果的ということがわかり、ED治療においても使用されることになりました。食事の影響を受けづらく作用時間が長いのが特徴で、安全性も確立されているため世界各国で広く使用されています。

バイヤグラの効果

バイヤグラの効果

バイヤグラを「性欲増進剤」と勘違いする方も多くいますが、それは大きな誤りです。飲むことでED(勃起不全)の改善に効果が期待できます。PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)という物質は、勃起を抑える働き担っています。それに対してバイヤグラの有効成分のシルデナフィルは、この勃起抑制を促すPDE-5を分解する作用があります。勃起不全は、PDE-5の量が過剰に分泌されている状態です。

バイヤグラを飲むことで、この過剰分泌されているPDE-5を分解し、勃起に必要不可欠な環状グアノシン一リン酸が増え、血管が拡張し正常な勃起が起こります。シルデナフィルは、PDE-5の分解以外にも環状グアノシン一リン酸の増加維持に働くためED改善に高い効果を望めます。このようにバイヤグラは、勃起を抑制する酵素の活性を阻害することで血行の流れを良くし勃起をサポートしてくれます。また、バイヤグラの効果時間は5~6時間と長い間効果が持続し、服用から30~90分の間、最も効果が高まります。

バイヤグラを通販で購入

バイヤグラの購入には通販がオススメです。それは病院よりも安く、なおかつプライバシーも守られて購入することができるからです。病院の場合、病院ごとに価格が異なる上に風邪薬と違って価格も高い傾向にあります。また薬がなくなる度に通院しなければならず、時間も手間もかかってしまいます。そしてバイヤグラはED治療薬であることから、あまり周りから触れられたくない問題であるため「誰にも知られずに買いたい」と思う方は多くいることでしょう。

場合によっては病院でバッタリ知り合いや友人に会うこともあるかもしれません。しかし通販は病院の処方せんが必要がないため病院に行く必要がなく、病院までの交通費や問診など薬以外での費用がかかることはありません。そして、周りに見られなければネットで秘密裏に購入することができます。

通販での購入は簡単で、欲しい薬・数量を指定して注文ボタンを押すだけです。そして、注文手続きが終了したら後は商品が自宅まで届くのを待ちます。通販で購入する際は、365日24時間いつでも欲しい時に注文が可能です。日頃忙しい方でも少しの空き時間があればすぐに購入することができるというわけです。

バイヤグラのジェネリック

バイヤグラの有効成分のシルデナフィルを活用し、他の製薬会社で製造販売されている薬をジェネリック医薬品といいます。有効成分と薬に含まれる用量はバイヤグラと同じなため、従来通りに勃起改善に効果をあらわします。薬の種類も豊富で、錠剤タイプやゼリー状、チュアブルタイプといったようにユーザーの好みに合わせた形で服用することが可能となっています。

ジェネリックとは?

ジェネリックとは?

薬を安く購入することができるジェネリックという名前を聞いたことのある方はきっと多いでしょう。日本ではジェネリックの市場シェアが年々増加傾向にあり、価格の安さから愛用している方が多くいます。

医薬品には、一般用医薬品と医療用医薬品の2種類が存在します。一般用医薬品は薬局などで買える薬のことで、医療用医薬品は病院を受診した際に医師から処方される薬のことです。そのうち医療用医薬品は「先発医薬品」と「後発医薬品」に分かれ、後発医薬品のことをジェネリック医薬品と呼んでいます。

先発医薬品には特許期間があり、メーカーが独占的に薬を製造販売する期間のことをいいます。先発医薬品の開発には約10年から17年もの時間を費やしていて、ひとつの薬を作るための投資金額は数百億円にも上るともいわれています。特許期間は時間とお金を費やしたメーカーを保護するために設けられています。しかしその特許期間が終わると薬の製法や有効成分は国民の共有財産とされ、他のメーカーであっても自由に製造販売ができるようになります。そこで生まれるのがジェネリックです。

ジェネリックの安全性を問う方も少なくありませんが、製造販売するためには厳しい承認審査をクリアしなければいけません。承認審査をクリアするためには品質、安全性、有効性が先発医薬品と同じであることを証明しなければならず、安全性に関する試験結果も提出しなければいけません。そのためジェネリックは先発医薬品と同じ有効成分を同じ量使用し作られているため安心して活用することができます。

また、薬の色や形状、味、添加物に関して先発医薬品と違いがあることもありますが、そもそも飲みにくかった薬を飲みやすく改良したり、安定性をより良くするために変えられることがほとんどで、改良する際は薬の効果や安全性に影響を与えない範囲でおこなうことが定められています。

カマグラゴールド

カマグラゴールド

カマグラゴールドは、バイヤグラのジェネリック医薬品です。バイヤグラと同じ主成分が含まれていて、中折れや勃起力の弱い方向けのED治療薬です。効果と作用はバイヤグラとほぼ一緒で、食事やアルコールの影響を受けやすいのが難点です。また空腹時ではなく満腹状態の時に服用すると、薬の効き目が十分に発揮されないこともあります。

性行為の1時間前に50mg錠を1錠服用します。水と一緒に流し込むことで胃腸への負担が少なく済みます。カマグラゴールドには50mgと100mgがあり、体格の大きい外国人が使う場合は100mgが妥当ですが、日本人の場合100mgだと過剰摂取になる場合があります。もしも手元に100mg錠しかない場合はピルカッターなどで薬を半分にし服用するといいでしょう。それだけでも十分な効果を実感することができます。なお海外医薬品の通販サイト「お薬なび」でカマグラゴールドを購入する場合、50mg錠も100mg錠も1錠あたりの値段が同じです。ですから100mg錠を半分に割って使用すれば服用できる薬の数は2倍になりますので賢く活用しましょう。

効果がでる時間は人によって異なるため一概にはいえませんが、早い人で服用から30分で効果がでる人もいます。カマグラゴールドは勃起力を高めて硬くする効果を持つため、薬が効きすぎる恐れもあります。その際は、1/4錠以下にカットし少量から服用を始め、自分の体に合った量を調整しましょう。また、服用後は24時間以上時間を空ける必要があるため気をつけましょう。

カマグラゼリー

カマグラゼリー

カマグラをゼリータイプにし、飲みやすくしている薬がカマグラゼリーです。こちらもバイヤグラのジェネリックのため、勃起不全の改善に使われます。ゼリータイプは体への吸収が早く、即効性に優れているためオススメです。またフルーツの味が付いていて飲みやすさに定評があります。

ゼリー状になっていることで飲みやすくなっていますが、自分の体に合った用量を服用するよう心がけてください。カマグラゼリーに含まれる量は100mgとなっているため、すべて服用するとなると過剰摂取となります。日本人の体型では50mgが妥当とされていますので、半分服用したら、開け口をクリップでしっかりと留めて冷蔵庫に保管するようにしましょう。念のためクリップで留めた袋をジッパー付きの袋に入れて保管するとより安全に保管することができます。服用はそのままゼリーと同じ様に飲めますが、飲みづらく感じた場合は水と一緒に流し込んでください。空腹状態の時に飲むと、最短15分で効果を実感する人もいます。

カマグラチュアブル

カマグラチュアブル

カマグラチュアブルは、ゼリータイプとは違いフルーツ飴のように服用できるチュアブルタイプの薬です。こちらもバイヤグラと効果・作用に特別な差はありません。直接口の中で舐め、成分がすべて吸収されることからカマグラシリーズの薬の中でも勃起持続力が非常に高いとされています。

味の種類も豊富で、オレンジ・イチゴ・バナナなどのフレーバーがあります。薬が苦手な方でもカマグラチュアブルは抵抗なく飲める薬のため人気があり、服用に水は必要なく噛み砕いて唾液で溶かすことで成分を吸収することができます。

バイヤグラの値段

もっとも一般的なバイヤグラの購入方法は医療機関やクリニックなどで処方してもらうもので、泌尿器科でも処方してもらうことができますが、医療機関やクリニックなどで処方してもらう場合の1粒に対するバイヤグラの価格は25mgが約1300円、50mgが約1500円ほどとなります。しかし、ED治療薬は各医療機関で自由に価格の設定がおこなえるため、診察や処方する医療機関によって価格は異なることから診察を受ける前に事前に調べておくことが必要です。

また、EDの原因が一般的なものの場合は保険の適応外となるため全額自己負担となりますが、糖尿病や高血圧などが原因によって引き起こされるEDの場合は保険適応となるため糖尿病や高血圧の治療を受けることにより保険が適応され、改善を見込むことができます。

しかしデリケートな部分であることから、病院へいくことに抵抗を感じたり誰にも知られずに入手したいという方も多いと思います。このような方は、海外から個人輸入をおこなう通販サイトで購入することといいでしょう。通販で購入した場合、価格は50mgが約1350円、100mgが約1450円となります。また、まとめて購入することもでき、お得に購入することもできます。通販で購入することで誰にも知られずに購入が可能となるほか、診察や処方料などの料金が加算されないため医療機関やクリニックなどよりも低価格で購入することができます。

バイヤグラの飲み方

バイヤグラの飲み方

バイヤグラは食後に服用した場合、有効成分の吸収がされにくいという性質をもっているため、空腹時に服用をおこなうことが効果的です。逆に食後に服用をおこなった場合、効果が薄れてしまう恐れがあり薬の最大限の効果が得られない状態になってしまいます。

しかしやむを得ず食後に服用しなくてはならない際には、肉料理や中華料理などの油を多く含んでいるような食事は控えましょう。油膜が胃などに張ってしまうため、油膜が取れるとされる6~7時間は服用をおこなっても効き目が期待できません。お寿司やうどん、そばといった油分の少ない食事にすることと、満腹にならない程度に抑えることが大事です。また食事から服用の間隔を最低でも2時間以上は空けておきましょう。

空腹時にバイヤグラを服用した場合、30~40分ほどで効果が現あらわれます。また効果の持続時間は4~5時間程度とされていて、服用から1時間後あたりで血中濃度がピークをむかえるので性行為の1時間前に服用をおこなっておくのがベストなタイミングです。服用から1時間以上経過してしまうと徐々に効果は減退しますので、服用と性行為のタイミングを計算した上で服用しましょう。

服用する際は水やお茶、清涼飲料水、または少量のアルコールでも問題はありません。しかし牛乳などの脂肪分が含まれているものは有効成分の吸収を妨げてしまうことがあります。そのため、服用方法が正しい場合でも効果があらわれない可能性があります。また、グレープフルーツジュースで服用をおこなった場合、グレープフルーツに含まれている成分により血中濃度を高め影響を及ぼす恐れがあります。また、1日1回の服用と定められているため効果があらわれない場合において、再び飲むことは厳禁です。服用直後から24時間以上が経過するまで次の服用はおこなわないで下さい。

バイヤグラの副作用

バイヤグラの副作用

服用時にあらわれる副作用として「顔のほてり」「充血」「鼻づまり」「動悸」「頭痛」などがあらわれます。また、光に対して敏感になりまわりの色が変化してみえるといった症状もあわられることがあります。これらは、薬の作用としてあり「血管の膨張」がきっかけであらわれるもので、裏を返せば薬の効果がでている合図だというわけです。ですから過度に心配する必要はありません。薬の服用で頭痛があまりにもひどい場合は、市販の頭痛薬を同時に飲んでも支障はありません。

バイヤグラの併用禁忌薬

心筋梗塞や狭心症といった心臓の治療で使われる薬のニトログリセリンは、バイヤグラの効果と同様に血管を拡張させます。そのため、一緒に使ってしまうと効果を強くなりすぎることから急激な血圧低下を招くことがあり、生命にかかわる大変危険な飲み方となります。事実、このような飲み方をしたことで死亡事故も発生しています。

また、不整脈の治療で使われるアンカロン、そしてアミオダロンも血圧を下げるため、一緒に飲んではいけません。そして硝酸剤もバイヤグラとの併用で血圧を下げることがあることから併用できません。硝酸剤は吸入薬、塗り薬、注射、飲み薬などで使用され、身近な薬にも含まれることがありますので注意が必要です。

また、持病により服用ができない場合もあります。

・過去にバイヤグラを服用しアレルギーを起こしたことのある方

・心血官系障害などにより性行為が不適切だと医師から診断を受けている方

・重度の肝臓病の方

・低血圧の方

・脳出血や脳梗塞などの脳血管に病気がある方や心筋梗塞を起こしたことのある方

・薬によるアレルギーを持っている方

一方、併用することでバイヤグラ本来の効果が十分に発揮されないことがあります。うつ病治療のスルピリドという薬を一緒に飲むことで性欲減退や勃起しづらくなることがありますので一緒に飲まないようにしましょう。

女性用バイヤグラ(ラブグラ)

女性用バイヤグラ(ラブグラ)

あまり知られていませんが、女性にもバイヤグラが存在します。「ラブグラ」は、男性と同じようになかなか興奮できず不感症の女性が飲む治療薬で、血流を促進し興奮や刺激をうながすことで悩み解決に導きます。シルデナフィルが配合されいる点もバイヤグラと同じで、もともと女性用として「ウーメラ」という治療薬がありましたが、ラブグラはそのジェネリックになります。

女性は更年期に差しかかると、女性ホルモンの減少によって膣の潤いが低下。いわゆる「濡れない」という状況です。しかしラブグラを使うことで薬の即効性により潤いと性感の増進をうながします。さらに、血行が良くなるため外陰部や膣内だけでなく全身すべてで感度が良くなり、性的興奮作用の上昇が期待できます。そのため、性行為による痛みや不快感などを和らげ、快適な性生活を送ることができるでしょう。

服用方法は空腹時に性行為がおこなう1時間前が理想です。しかし1錠100mgとなっているため、このまま服用すると成分を過剰に摂取することになります。日本人の体型に合わせて服用する場合、50mgが適正の量とされています。服用する際はピルカッターなどで2分の1、もしくは4分の1でも効果はありますので分割して服用するようにしましょう。効き目が足りないと感じたときは次回から少しずつ増やして飲むといいでしょう。

効果は服用から約5~6時間程度続きますが、1日1回の服用が限度のため、次に使用する際は24時間以上間隔を空けて服用しましょう。また副作用として頭痛、顔のほてり、動悸、不眠、興奮などがあり、消化不良や血圧の低下によって起こるめまいといった症状が起こる場合もあります。

バイヤグラの偽物

バイヤグラの偽物

衝撃的な事実ですが、バイヤグラは60以上ともいわれる国々で偽物が製造されているそうです。本物とは違う成分が入っていたり、ひどいものでは薬に青色の塗料を塗っただけのものも存在します。薬が手元に届いてから本物かどうかを見分けるためには、まず錠剤にファイザーのロゴが明記されているかを確認しましょう。そして、薬をピルカッターで割ったとき、中身の色が白色になっているかを見てください。薬の表面と同じく中身も青色の場合は偽物です。ピルカッターで割った薬も本物である場合はそのまま服用できますので、届いたときはまずは確認しておくと安心です。

時折、道を歩くと電柱や電話ボックスなどにバイヤグラに関する張り紙がされているのを見たことある方も多いと思います。チラシや貼り紙などを使用してED治療薬を販売することは薬事法違反となる行為のため、購入するのは非常に危険です。また通販サイトで購入する際も、そのサイトに特定商法取引表記があるかを確認するといいでしょう。これは購入者が安心して買い物ができるように情報を明記することで信用を得ることができ、トラブルを未然に防ぐことができます。

バイヤグラの体験談、口コミ

30代男性・サラリーマン

30代半ばで結婚し、子供もできて父親という感情が増したせいか、性欲が急に下がったような気がします。結婚当初は毎日のようにおこなっていた行為も今では月に1度やるかやらないかという程度になってしまいました。そろそろ2人目が欲しいと言われ続けられていますが、正直自信がなくなっていたため、気持ちに応えてあげたいが「疲れている」とはぐらかしていました。

ある日友人と飲んでいる時、たまたまバイヤグラの話題になり、思い切って自分の悩みを打ち明けたところ、友人も使っているとのこと。さらに話しを聞くと、周りで意外と使っている人も多いということで、話しを聞いていくうちに勇気をもらい私も使用してみることにしました。正直、半信半疑ではあったのですが使用すると買うか抜群!20代の頃のような感覚が蘇った感じがして、その夜は妻と数年ぶりに燃えました。本当にうれしかったです。おかげで2人目も授かることができ、幸せがより一層増えました。

50代男性・工事関係

50代男性・工事関係

趣味がマラソンと筋トレで、50代後半にして同年代と比べて体力と若さが自慢だった私…しかし、徐々に感じる性欲の低下は下げ止まることがありません。それでも妻と月に数回は営みに励んでいましたが、急に反応がしなくなり、妻には「歳だから」と冗談まじりにいわれたものの正直ショックでした。

このまま年老いていくのかと思ったら気持ちもつらくなる一方なので、試しにバイヤグラを服用してみることにしました。妻は副作用や病気になるのではと心配していたのですが、今のところ副作用はさほど感じられていません。それ以上に若い頃に戻ったようなうれしい感覚を取り戻すことができ、非常に満足しています。現在EDで悩んでいる方がいましたらぜひとも一度試してみてください。

30代男性・サービス業

30歳を過ぎたあたりから20代のころような持続性がなく、彼女も気を使ってくれて気持ちいいと言ってくれるんですが満足させるまでにはいたっていないことを感じていました。何とか満足させてあげられるように身近にある食べ物や飲み物で精力をつけられるものはすべて取り入れましたが、多少の変化は感じられたものの思った以上の効果は得られませんでした。バイヤグラの存在は知っていたのですが、正直薬に頼るのはどうなのかと思っていたこともあって、なるべくは手をつけないようにとは思っていました。

ただ、最善を尽くしても結果がでない状況にあせりがあったこともあり、だんだんとバイヤグラを使ってみようという気持ちが生まれてきました。ただ、バイヤグラは病院でしか手に入らないものという認識があったので病院にはなかなか行けず、どうしようかと悩んでいました。そこでネットで病院以外でも購入できないかと探したところ、通販で購入することができることがわかり、注文してみることにしました。1週間ほど経った頃に商品が届き、届いたその日の夜に使ってみたところ30分ほどで効果があらわれてきました。それ以来、彼女と会うたびに使用し、私も彼女も満足しています。今まで彼女に会うことがプレッシャーになっていたこともありましたが今では喜びに変わっています。

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは

男性器の機能障害によって性的欲求のある場合や、性行為の際に自身の意思に反して男性機能が追いつかずに全く勃起できなくなる症状が勃起不全、いわゆるEDと呼ばれるものです。かつては体力が衰える60代以上の男性が発症しやすいとされていましたが、近年では20代といった若年層から発症するケースも増えています。20代~30代では4人に1人、60代以上では半数以上がEDを発症しているとの報告があり、その原因としては加齢や身体的疲労、精神的ストレス、生活習慣の悪化が主な理由とされています。

ED(勃起不全)の症状

性的欲求や性的刺激があるのにも関わらず「全く勃起しない」「勃起しても十分に硬くならない」「勃起の持続時間が短い」「勃起して挿入しても中折れする」などといったように正常な勃起症状にならないとき、EDの症状を抱えている状況であるといえるでしょう。このことが原因で、射精ができなかったり満足する性行為ができないといったようなことが起こり得ます。勃起時に陰茎が硬くなる質をあらわす指標がありますので紹介しましょう。

・グレード0

陰茎の反応が見られず、大きくならない

・グレード1

陰茎は反応があり、大きくなるが充分な硬さではない

・グレード2

陰茎は大きくなるが、挿入するには充分な硬さではない

・グレード3

陰茎は大きくなり挿入するにも十分硬いが、持続時間が短い

・グレード4

陰茎が大きくなり挿入するにも充分硬く、持続時間も長い

一言でEDといってもそれぞれ症状があります。グレード4以外の方や勃起不全の自覚症状が続く場合は、ED専門医療機関などで早いうちに見てもらいましょう。

ED(勃起不全)の原因

ED(勃起不全)の原因

通常、勃起は性的欲求や性的刺激によって多量の血液が陰茎にある海綿体を圧迫することにより勃起反応を示します。しかし、その陰茎の血流を妨げる酵素「ホスホジエステラーゼ」が増加することで勃起しづらくなります。このような状況になるのは、以下の4つが原因とされています。

1.加齢による神経障害

加齢による体力の低下や血圧の異常、それに伴う全身の神経障害により男性機能が低下。特に陰茎内の血液の流れが悪くなると、勃起に欠かせない陰茎海綿体へ十分に血液が送られずに勃起不全になります。60歳以上となると、勃起不全の方は約半数以上になるとのことです。

2.精神的ストレスからの影響

過去の性行為の失敗や失恋、家族や身内を失う、仕事やプライベートが充実しないといったストレスとの結びつきが原因。また結婚や転勤といった急な環境変化による突発的なストレスも一因とされます。ストレスが慢性的に続くと勃起不全の原因に直結し、ED以外にも重大な病気を患う引き金となります。趣味や運動をおこなうなど定期的にストレスを発散する方法をみつけましょう。

3.病気による影響

ある調査結果によりますと、実は糖尿病を患っている方の4割以上は勃起不全で悩んでいるそうです。糖尿病は高血圧など血圧の異常や血液硬化が原因で起こる病気で、動脈硬化が進むと勃起不全になる確率も高くなります。その他にも脳梗塞や心臓疾患などの大きな手術したことが原因で陰茎海綿体に繋がる血管に傷が付いてしまうことで起こる勃起不全もあります。

4.生活習慣病による影響

近年では若年層から勃起不全を覚える方が上昇傾向にあります。悪い栄養バランスの食事を続けたり運動・睡眠の不足が毎日のように続くと体にかかる負担も大きくなります。過度のお酒やたばこも悪影響をおよぼします。

ED(勃起不全)の治療方法

ED(勃起不全)の治療方法

勃起不全を治療する方法として、ED治療薬による投薬治療方法が主流となっています。しかし、重度の心臓病や糖尿病などを患ってED治療薬を用いた治療ができない場合には陰茎へ直接注射して勃起を促す「ICI治療」や「陰圧式勃起補助具」と呼ばれる補助器具を用いて人為的に勃起させる治療方法があります。他にも心理カウンセラーが性に対する悩みや性行為に対しての意識を改善する心理療法や、筋肉注射で男性ホルモンを注入して勃起をうながすホルモン療法、また生活習慣を改善させて治す方法があります。

ED治療薬

ED治療薬は、薬の有効成分によって男性の勃起不全を一時的に改善させる効果をもたらし、バイヤグラ以外にもさまざまな治療薬が登場しています。

バイヤグラ

世界で初めて開発されたバイヤグラはED治療薬の代表的の存在で、多くの人に知られ使われています。日本では1999年から発売。薬の持続時間は約4~5時間です。

レビトラ
レビトラ

水溶性の高い「バルデナフィル」が有効成分として含まれ、バイヤグラやシアリスと比べて即効性と勃起の強度が高い特徴があります。薬の持続時間は約8~10時間です。

シアリス
シアリス

ED治療薬の中では新しい薬です。水溶性の低い有効成分「タダラフィル」が長い時間をかけて体に働きかけます。バイヤグラやレビトラと比べて薬の持続時間が長い点と、食事面での影響が受けにくいという利点があります。薬の持続時間約30時間で「ウィークエンドED治療薬」とも呼ばれています。

これらのED治療薬には、酵素の発生をそれぞれの有効成分で抑制するとともに陰茎の血流を活性化させて勃起不全を改善させる働きをみせます。服用するにはしっかりと用法や用量を守る事が大前提で、一時的な勃起不全の治療法として高い効果があります。ED治療薬は専門機関で処方されますが、個人輸入による通販サイトで安く購入することが可能です。

ED1000

ED治療の最先端マシーンのED1000には、男性の陰茎に直接低衝撃波を当てることにより陰茎部の細胞を増殖させて血流を改善し勃起機能を回復させる期待の高い再生医療です。処置方法はマシーンによって男性の陰茎5箇所に低衝撃波を直接照射しておこなわれ、処置時間は20分程度で済みます。処置後は陰茎に若干のしびれやほてりを感じることがありますが、さほど大きな痛みではありません。

この処置を週に2回の3週間、計6回おこない、その後3週間の休止期間を設けて再び約3週間で6回おこない、合計12回の処置で治療終了となります。バイヤグラなどの投薬治療に比べて副作用が少なく体にかかる負担も軽減できます。ED1000の治療方法を用いて勃起不全を改善した患者は約75%以上と高い結果が出ており、今後はED治療方法として主流になることも考えられています。

ICI治療

ICI治療

海外のED治療法としてよく用いられているのがICI治療ですが、日本国内では限られた病院で治療を受けられるものの、厚生労働省に認可されていない治療法のため、処置の際は自己責任となります。処置は医師から調剤された薬を男性の陰茎海綿体に直接注射によって注入します。注射での処置となるため短時間で済みます。

個人差はありますが、処置から5~10分程度で勃起の症状が現れ、約30分後には陰茎が最大に膨張します。勃起の持続時間は約3時間程度で、射精後も勃起が継続します。性的な欲求や刺激がない場合でも強制的に勃起をうながす効果があるため、なるべく性行為前の処置が望ましいです。

通常、重度の糖尿病や心臓疾患を持っている方はED治療薬を服用することが大変危険です。しかし、ICI治療はこのような方でも処置することが大きな利点です。日本国内では認められていない治療法ですが、ICI治療を用いて勃起不全を改善した方は約95%と非常に効果が高いのが特長です。

生活習慣でED改善

EDに限らず、様々な病気を発症する原因には日頃からの生活習慣によるものが強く影響しています。普段の生活習慣を見直すことで予防や改善をすることが可能です。健康的な生活を送る上での食事や睡眠、運動方法について詳しく解説します。

健康的な食生活

1日3食、決まった時間帯に摂取することを心がけて栄養バランスを意識した食事を摂るようにしましょう。

肉・魚・卵・乳製品の動物性タンパク質や、大豆・納豆・豆腐などの植物性タンパク質、緑黄色野菜に豊富に含まれるビタミン類、カキ・うなぎ・海藻類に含まれる亜鉛、そしてミネラルなどは血液を改善させます。これら栄養素を摂取し、脂肪分の少ない食事を心がけましょう。これらの栄養素を食事で摂取するのが難しい場合は、サプリメントで摂取してもいいでしょう。

過度の飲酒や喫煙は注意
過度の飲酒や喫煙は注意

適度の飲酒や喫煙はリラックスを得られる場合もありますが、度が過ぎると注意が必要です。アルコールや大量の喫煙により血中濃度を上げてしまい、のちに動脈硬化を起こす危険性があります。

充分な睡眠

理想の睡眠時間は1日6~7時間といわれています。特に体の細胞を回復させる成長ホルモンの分泌が活発になる夜10時から深夜2時までの時間帯に就寝することで質の高い睡眠をとることができます。体の回復のみならずストレス解消にもなり、精神の安定にもつながります。

定期的な運動

運動を定期的におこなうことで、体力の向上や血液の流れを良くし、ストレス解消にもなります。普段仕事で忙しい方は1日30分程度、有酸素運動から始めましょう。ウォーキング・ジョギング・サイクリングは取り入れやすく、週に2~3日は取り組めるようにしましょう。また、お風呂で体が温まったあとのストレッチもオススメです。5~10分程度おこなうだけで全身の血流が良くなります。テレビを見ながらでもストレッチはできますので、積極的に取り入れてみましょう。

EDは、加齢やストレス障害など様々な要因からくるものが大きく影響していて、男性なら誰でも起こり得る症状です。予防対策と健康的な生活習慣を送るように心がけましょう。